トロッコ転落事故の凄惨な現場…北朝鮮「1000日戦闘」のブラック度

デイリーNKジャパン / 2019年1月20日 8時0分

北朝鮮最大の鉱山の一つ、咸鏡南道(ハムギョンナムド)端川(タンチョン)の検徳(コムドク)鉱業連合企業所傘下のロウン鉱山で、鉱山労働者7人が死亡する事故が起きた。企業所側は個人の責任だと弁明しているが、労働者と地域住民は労働環境が事故の原因だと厳しく指摘している。 咸鏡北道(ハムギョンブクト)のデイリーNK内部情報筋によると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング