北朝鮮版「不正腐敗との闘い」の致命的な盲点

デイリーNKジャパン / 2019年2月17日 6時1分

社会主義ではなく「拝金主義」に国の根幹を占められつつある北朝鮮。「ワイロさえ払えば何でもできる」という腐敗ぶりに対し、金正恩党委員長が大鉈(おおなた)を奮っている。 北朝鮮の平安北道(ピョンアンブクト)では、大規模な検閲(査察)が行われている。それもかつてないほどの規模で長期間に渡っているとのことだ。 平安北道のデイリーNK内部情報筋によると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング