写真

海上自衛隊のP-1哨戒機(海自提供)

北朝鮮国営の朝鮮中央通信は18日、日本政府が洋上での「瀬取り」監視など北朝鮮に対する制裁維持に注力していることを非難する論評を配信した。 論評は、日本は「世界の志向に背ちして今まで朝鮮半島の情勢悪化を自分らの軍事大国化策動を合理化する口実に利用してきた」と主張。 続けて「日本の反動層が執ように起こしている海上監視騒動も、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング