「侵略戦争の準備だ」北朝鮮、日本のサイバー反撃計画を非難

デイリーNKジャパン / 2019年5月22日 16時11分

北朝鮮国営の朝鮮中央通信は21日、防衛省がコンピュータウイルスを保有する方針を固めるなど、日本が軍事力増強に取り組んでいることを非難する論評を配信した。 東京新聞4月29日付などによると、日本政府は、日本の安全保障を揺るがすようなサイバー攻撃を受けた場合に反撃するとして、防衛省でコンピュータウイルスを作成、保有する方針を固めたという。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング