写真

朝鮮人民軍の兵士たち(朝鮮中央通信)

今月初め、北朝鮮の国境警備隊の兵士2人が国境を越え、中国の民家を襲撃する事件が発生したと、中国にいるデイリーNKの北朝鮮事情通が伝えてきた。襲撃の目的は、食糧の確保だったという。 国際社会の制裁により経済難の深刻化が伝えられている北朝鮮だが、最前線の兵士の食糧もしっかり供給できないほどの状況に陥っているようだ。 (参考記事:北朝鮮「骨と皮だけの女性兵士」が走った禁断の行為) 事情通は15日、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング