写真

海上自衛隊の護衛艦「いずも」(海自提供)

北朝鮮の内閣などの機関紙・民主朝鮮は20日、日本の安倍政権が推進する憲法改正は「侵略戦争の道を開く」ものだとして非難する論評を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。 論評は「最先端攻撃型武装装備を引き続き搬入していることだけを見ても、日本の執権層が叫んでいる『安全保障』がどんなに欺まん的なものなのかがよく分かる」と主張。 (参考記事:韓国専門家「わが国海軍は日本にかないません」…そして北朝鮮は) また「日本の執権層が強行推進しようとする憲法改正は、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング