写真

北朝鮮が2017年3月6日に発射した、スカッドERと見られる弾道ミサイル(朝鮮中央通信)

北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は22日、日本の防衛省が北朝鮮の弾道ミサイルに備えるため、地上配備型ミサイル迎撃システム「イージス・アショア」の導入を進めていることを非難する署名入りの論評を掲載した。朝鮮中央通信が報じた。 論評は、イージス・アショアの配備について、「われわれと周辺諸国に対する先制攻撃能力を備えて軍事大国の地位を占め、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング