写真

4月10日の朝鮮労働党中央委員会第7期第4回総会を指導した金正恩氏(2019年4月11日付朝鮮中央通信)

北朝鮮国営の朝鮮中央通信は11日、韓国国会が「われわれに言い掛かりをつける挑発妄動に執着し続けている」と非難する論評を配信した。 韓国国会は先月30日、北朝鮮の核高度化とミサイル挑発を糾弾し、再発防止を求める決議案を可決した。論評はこれに対して、「膠着の局面に瀕した現北南関係をさらに破局へ追い込む許しがたい犯罪である」と指摘した。 また、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング