写真

金正恩氏

北朝鮮国営の朝鮮中央通信は23日、国連安全保障理事会が北朝鮮の核兵器開発に対して制裁措置を加えるのは「二重基準(ダブルスタンダード)の極みである」と非難する論評を配信した。 これは、北朝鮮がかねてから繰り返してきた主張だ。李容浩(リ・ヨンホ)外相も23日の国連演説で、同じことを言っている。 論評は、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング