国連安全保障理事会で今年9月に採択された制裁決議2375号は、国連加盟国に対し、北朝鮮に輸出できる石油の量について、民生用の原油は年間400万バレル、石油精製品は年間200万バレルの上限を設けた。 年間消費量の半分しか輸入できなくなり、ガソリン不足に陥っていると言われている北朝鮮。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング