リバプールに大打撃 チェンバレンが右膝靭帯損傷が判明、ロシアW杯出場も絶望的に

Football ZONE web / 2018年4月26日 10時0分

■ローマとのCL準決勝第1戦、接触プレーで負傷して途中交代リバプールのイングランド代表MFアレックス・オックスレイド=チェンバレンは、現地時間24日のUEFAチャンピオンズリーグ準決勝ローマ戦(5-2)で右膝を負傷した。検査の結果、靭帯損傷と判明し、長期離脱が確定。6月に開幕するロシア・ワールドカップ(W杯)出場も絶望となった。英公共放送「BBC」が報じている。24歳の万能MF本拠地アンフィールドで行われたローマとの第1戦に先発出場していたが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング