写真

■【98年W杯日本代表・城彰二の視点】パラグアイ戦に4-2快勝も、警戒すべき一瞬の隙日本代表を率いる西野朗監督にとって、パラグアイ戦の結果はある意味で“誤算”だっただろう。ガーナ、スイスにそれぞれ0-2と敗れたなか、スタメン10人を入れ替えたチームでワールドカップ(W杯)前の最後のテストマッチに臨んで4-2で快勝したのだから。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング