スペイン主将ラモスにエルボー疑惑 イラン戦の“主審襲撃”で海外騒然「みんな見たか!?」

Football ZONE web / 2018年6月22日 12時10分

■前半16分、パスを受ける際に進路にいたクーニャ主審を背後から“襲撃”スペインは現地時間20日のロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ第2戦、イランを1-0で下し、今大会初勝利を手にした。この試合で、主将のDFセルヒオ・ラモス(レアル・マドリード)に主審への“エルボー疑惑”が浮上。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング