GK川島が痛恨のパンチングミス 弾いたボールが目の前の相手に当たって失点

Football ZONE web / 2018年6月25日 0時34分

■前半11分、サバリのシュートを両手で弾くもボールがマネに当たってゴールへ日本代表GK川島永嗣は現地時間24日、ロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ第2戦のセネガル戦でセービングミスで先制点を献上してしまった。前半11分、右サイドを崩され、セネガルDFムサ・ワゲがクロス。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング