世界の潮流は「パスワーク+高速カウンター」 W杯で示した“日本らしさ”の必然と課題

Football ZONE web / 2018年7月12日 19時30分

■激戦区を勝ち抜いたフランスとベルギーが備えた武器南米で優勝経験を持つブラジル、アルゼンチン、ウルグアイの全3カ国や欧州王者のポルトガルが集結し、激戦ゾーンとなったロシア・ワールドカップ(W杯)準決勝第1試合に勝ち抜いてきたのは、フランスとベルギー。言わば、最も切れ味鋭いカウンターを武器とする2カ国だった。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング