ベルギーリーグの“日本人ブーム”に脚光 地元スポーツ誌が「7人の侍」を独自分析

Football ZONE web / 2018年8月19日 6時10分

■ロシアW杯に出場した遠藤と植田が移籍して注目が高まるベルギーリーグ近年、日本人選手のベルギーリーグ進出が著しく、今夏も日本代表DF遠藤航、DF植田直通が活躍の場を求めて彼の地にたどり着いた。ベルギーのスポーツ専門誌「VoetbalMagazine」は、同国でプレーする彼らを、世界中で愛された黒澤明監督の代表作のタイトルをなぞるかのように「7人の侍」と題して紹介している。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング