写真

■代表チームの黄金期を支えたマルディーニ氏は06年の招集辞退を告白「運命だった」元イタリア代表DFパオロ・マルディーニ氏は、母国が優勝した2006年のドイツ・ワールドカップ(W杯)招集を辞退していた過去を告白。その決断に悔いはないと語る一方で、ベスト16に終わった02年の日韓W杯は「やり直したい」と振り返っている。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング