写真

■途中出場ながらゴールを含め、質の高いプレーを実証するデータを海外メディアが公開森保一監督率いる日本代表は20日、国際親善試合キルギス戦に4-0で勝利。来年1月のアジアカップ前最後の試合を白星で飾った。10番のMF中島翔哉(ポルティモネンセ)は途中出場ながら森保体制で自身初ゴールを挙げたが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング