クラブW杯鹿島戦、先制も逆転負けに敵将が沈痛 「これは恥ずかしい敗戦だ」

Football ZONE web / 2018年12月16日 9時10分

■前半3分にグアダラハラが先制するも、最終的に2-3で敗戦指揮官が敗因を分析鹿島アントラーズは現地時間15日のFIFAクラブワールドカップ(W杯)準々決勝グアダラハラ(メキシコ)戦で3-2の逆転勝利を収めた。開催国のUAE紙「ザ・ナショナル」は試合後の記者会見の様子を報じ、グアダラハラを率いたホセ・カルドソ監督の「これは恥ずかしい敗戦だ」というコメントを報じている。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング