写真

■16年の中村憲剛、17年の小林悠に続く栄冠川崎2年目で大輪の花今シーズンのJリーグ年間表彰式である「2018Jリーグアウォーズ」が18日に横浜アリーナで開催され、J1連覇を果たした川崎フロンターレのMF家長昭博が最優秀選手賞(MVP)を初受賞した。家長はリーグ連覇を果たした川崎で2列目に入り、攻撃にアクセントをつけるプレーが光った。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング