PSG会長、ネイマール&ムバッペの”売却報道”を完全否定 「2000%、パリに残る」

Football ZONE web / 2019年2月24日 8時40分

■FFPの規定違反を避けるべく、2人の主力を放出するという報道をケライフィ会長は否定パリ・サンジェルマン(PSG)はファイナンシャル・フェアプレー(FFP)の規定違反による制裁を避けるために、主力であるブラジル代表FWネイマールやフランス代表FWキリアン・ムバッペを放出するのではという噂が浮上していたが、クラブのナセル・アル=ケライフィ会長が2人は「2000%残る」と語った。仏紙「ル・パリジャン」が報じている。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング