写真

■後半18分、MFマッチのクロスをダイレクトで叩き込んで値千金の決勝ゴールをマークAFCチャンピオンズリーグ(ACL)のグループE第4節が24日に行われ、アウェーの慶南FC(韓国)が鹿島アントラーズを1-0で下した。韓国メディアは今季ACL初勝利を一斉に報じているが、その主人公は決勝点を決めた21歳のMF邦本宜裕だった。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング