写真

■U-20W杯初戦でエクアドルに1-1ドロー守護神が試合の流れを引き寄せるビッグセーブU-20日本代表は現地時間23日、ポーランドのブィドゴシュチュ・スタジアムでU-20エクアドル代表とU-20ワールドカップ(W杯)の初戦を戦い、1-1のドロー決着となった。0-1のビハインドで迎えた後半開始早々にPKを献上する絶体絶命のピンチを迎えたが、GK若原智哉(京都サンガF.C.)は相手のキックをストップ。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング