「引退も考えていた」 “ガラスの天才”ウィルシャー、心身が傷ついた苦悩の過去を告白

Football ZONE web / 2019年6月13日 15時20分

■アーセナルで「イングランド最高の才能」と呼ばれたレフティー、度重なる負傷に悩まされるウェストハムの元イングランド代表MFジャック・ウィルシャーが、度重なる怪我と家族の問題から現役引退を考えていたと明かした。英紙「ロンドン・イブニング・スタンダード」が報じている。ウィルシャーはアーセナルの下部組織で育ち、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング