写真

■0-4と大敗したチリ戦で最もチャンスに絡んだ上田決定的を逃して本人も悔しさ露わ森保一監督率いる日本代表は、現地時間17日のコパ・アメリカ(南米選手権)グループリーグ初戦でチリに0-4と大敗した。この日A代表デビューを飾ったFW上田綺世(法政大)は再三のゴールチャンスを逃して批判を浴びたが、決定機に至るまでの質の高い動き出しはむしろ評価に値すると言えるだろう。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング