写真

■コパ・アメリカでグループリーグ敗退も「攻撃で良さを出す選手も多かった」と評価森保一監督率いる日本代表は、現地時間24日のコパ・アメリカ(南米選手権)グループリーグ第3戦でエクアドルと1-1で引き分け、最終的にグループ3位同士の成績で上回れず、決勝トーナメント進出は叶わなかった。FW岡崎慎司(レスター・シティ)は、若手主体となったチームのポテンシャルを評価した一方、大会を通じて露呈した課題も指摘している。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング