写真

■若手と23歳以上の選手たちを融合“経験”と“本気の勝負”を両立させた点は称賛に値森保一監督率いる日本代表は、コパ・アメリカ(南米選手権)のグループリーグで3位となり、同順位の成績でペルーとパラグアイを下回り敗退が決まった。経験の浅い東京五輪世代中心のメンバーで、本気の南米勢を相手に2分1敗という結果は上々とも言える。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング