ネイマール、古巣前会長が“レアル行き阻止”の過去暴露 「気が狂っていると言われたが…」

Football ZONE web / 2019年8月19日 22時45分

■サントスの前会長テイシェイラ氏、2006年に当時14歳のネイマールを引き留めるブラジル1部サントスの前会長であるマルセロ・テイシェイラ氏は、2006年当時チームに在籍していたブラジル代表FWネイマールがレアル・マドリードに関心を持たれていたことを明かし、その関心を排除するために様々な働きかけをしていたことを語った。スペイン紙「AS」が報じている。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング