写真

■モンゴル戦で2009年10月の香港戦以来のゴール奥寺氏の4043日に次ぐ歴代2位の長期間記録に日本代表DF長友佑都は、10日のカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選モンゴル戦で前半に1得点を決めた。チームが6-0の大勝を飾ったなか、自身の代表チームでのゴールは約10年ぶりとなり「遠かったですね、いつも狙っていたんですけど」と笑顔を見せた。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング