写真

■ジャンプした際に負傷か左太ももを押さえながらピッチを後に…日本代表は10日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選のモンゴル戦に臨み、6-0で快勝した。絶好調のMF南野拓実(ザルツブルク)の先制点を皮切りに、前半だけで4得点を奪うゴールラッシュに、会場となった埼玉スタジアムは大歓声に包まれたが、試合終了間際に守備陣の要となっていたDF冨安健洋が負傷退場するアクシデントが発生した。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング