森保監督、人工芝でのタジキスタン戦も“普段通り”を強調 「特に対策は考えていない」

Football ZONE web / 2019年10月14日 16時3分

■天然芝とは異なる環境ながら、コンセプトは変えず臨機応変に対応していくプランを明言日本代表の森保一監督が14日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選タジキスタン戦(15日/リパブリカン・セントラル・スタジアム)に向けて、首都ドゥシャンベ内のホテルで前日会見に臨んだ。今回は天然芝ではなく、人工芝での一戦となるが、「特に対策は考えていない」と“自然体”を強調した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング