写真

■セアラー州ダービーでサポーターがVAR批判の横断幕を掲出ブラジル1部の第32節フォルタレーザ対セアラーのセアラー州ダービーが現地時間10日に行われたが、その試合で主審が試合進行を拒否するという“珍事”が起こった。ブラジルメディア「グローボ・エスポルチ」によれば、フォルタレーザのサポーターがVAR批判の横断幕を掲出したことで、主審がそれを取り下げるまで試合の進行を止めたようだ。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング