写真

■元ブラジル代表MFガンソ、自身を抜いた選手の脛を目掛けてキックもノーカードブラジル1部で衝撃のラフプレーが発生し、物議を醸している。ボールではなく脛を狙って蹴り上げる悪質キックに、「臆病者」「馬鹿げている」などと批判の声が噴出。元ブラジル代表選手が批判に晒されている。問題となっているプレーが生まれたのは、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング