中国代表DFが衝撃の“カンフーキック” 橋岡の後頭部を直撃…“危険プレー”も警告止まり

Football ZONE web / 2019年12月10日 20時37分

■鈴木の先制ゴールで先制後に中国代表DFが危険すぎる“飛び蹴り”日本代表は10日、韓国・釜山で開幕したE-1選手権の初戦で中国と対戦。前半29分にFW鈴木武蔵(北海道コンサドーレ札幌)の代表初ゴールで先制した直後、A代表デビューのMF橋岡大樹(浦和レッズ)が中国代表DFから飛び蹴りのラフプレーに遭い、ピッチに倒れるシーンがあった。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング