イングランド代表“幻ゴール”騒動 名将が“世紀の誤審”に吐露「今でも忘れられない」

Football ZONE web / 2020年4月5日 20時50分

■元イングランド代表監督カペッロ氏、ノーゴール判定となったランパードの一撃を回顧世紀の大誤審が残した傷はやはり大きかった。元イングランド代表監督のファビオ・カペッロ氏が2010年南アフリカ・ワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦のドイツ戦で、MFフランク・ランパード(現チェルシー監督)のゴールが幻と消えた騒動が今も心残りだという。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング