なでしこ永里優季、“感染者2.9倍・死者5.1倍”に危機感…「日本の休校」を切実主張

Football ZONE web / 2020年4月5日 18時30分

■永里がアメリカの状況に触れ、日本の“学校再開方針”に危機感新型コロナウイルスが世界中で流行しているなか、元なでしこジャパン(日本女子サッカー代表)FW永里優季(シカゴ・レッドスターズ)が自身のツイッターでアメリカの状況に触れつつ、「日本の学校が休校になることを切に願います」と切実に訴えている。中国・武漢を発生源とする新型コロナウイルスの感染が欧米を中心に急増しているなか、日本でもJリーグやなでしこリーグ(日本女子サッカー)が延期されるなど、サッカー界も大きな影響を受けている。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング