日本代表、“仮想セネガル”のマリ相手に前半0-1で終了 初出場の宇賀神が痛恨のPK献上

Football ZONE web / 2018年3月23日 22時10分

■先発した大島が負傷退場するアクシデントも発生日本代表は23日にベルギーで“仮想セネガル”としてマリ代表と国際親善試合を行い、前半終了間際にPKで先制点を与え1点ビハインドでハーフタイムを迎えた。バヒド・ハリルホジッチ監督は、負傷者が続出している右サイドバックにDF宇賀神友弥を起用した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング