クレームは会社にとって「ビタミン剤」のようなもの

Forbes JAPAN / 2017年8月19日 15時0分

今や大手企業をも揺るがす深刻な事態となっている後継者問題。二代目が見つからない、創業者との間に深い亀裂が生じるなど、大勢の経営陣が頭を抱えている。しかし飲食業界に、数多の経営者が苦悩する伝統の継承をサラリと行い、次なる挑戦を楽しんでいる2人の若き社長がいる。旭酒造の桜井一宏氏と、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング