中国ビットコイン業者を襲う「規制の壁」 海外進出も模索

Forbes JAPAN / 2017年9月25日 7時0分

今から一年前、ビットコイン市場を牽引していたのは中国だった。これまで中国の取引所は手数料が無料で、世界のビットコイン取引シェアの9割を占めていた。また、マイナーの多くは電気代が安い中国に拠点を置き、世界最大のマイニング機器メーカーである「Bitmain」は中国企業だ。現在もマイニングとマイニング機器の開発で中国は世界をリードしているが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング