IBMが遠隔勤務制度をやめた理由

Forbes JAPAN / 2017年10月22日 11時30分

IBMは2009年、173か国38万6000人の社員のうち、40%が遠隔勤務をしていると公表していた。遠隔勤務制度の導入により、IBMは各地のオフィスビルを計20億ドル(約2250億円)近くで売却できた。賢いビジネス戦略としてもてはやされた在宅勤務は、瞬く間に本格的なトレンドとなった。素晴らしい話のように聞こえるだろう。だが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング