嫌われ度1位のソーシャルメディア、米国では「ツイッター」

Forbes JAPAN / 2018年1月12日 16時30分

オンラインプラットホームの一部は多くの人たちにとって、ついに存在することさえ許せないものになってしまったようだ。そうなるに至った決定的な理由は、出会い系のTinder(ティンダー)なら送られてくるいかがわしいメッセージだったかもしれない。ツイッターなら、大統領が投稿する疑わしいコメントだったかもしれない。いずれにしても、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング