ネットフリックスは「映画業界」を殺さず、テレビを破壊する

Forbes JAPAN / 2018年5月20日 17時0分

ネットフリックスは今年、少なくとも86タイトルの映画作品を配信する予定だ。これは、大手映画会社4社が2018年に公開するタイトル数の合計を上回り、ネットフリックス自身が昨年公開した映画作品61タイトルを超えることになる。ネットフリックスは2018年のコンテンツ予算を80億ドル(約8900億円)としており、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング