グーグルが「レイプ被害者」の実名を表示、英政府らが非難

Forbes JAPAN / 2018年5月24日 17時30分

グーグルの「オートコンプリート機能」がまたもや非難を浴びている。オートコンプリート機能は、検索ワードを入力する際に文字入力の途中で予想されるフレーズを補完するものだが、これによりレイプ被害者などの名前が表示されるケースが起きている。同様の現象は「関連キーワード」などのユーザー補助機能でも発生している。この問題の背景にはグーグルが人々の検索履歴から予測されるキーワードを導き出し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング