テスラ「3万5000ドル版」に発売中止説、財政地獄が深刻に

Forbes JAPAN / 2018年5月24日 16時30分

テスラが「モデル3」の予約者から予約金1000ドルを受け取り始めてから2年が経つが、同社が3万5000ドル版を納品できるかは依然として不透明だ。イーロン・マスクCEOは、大衆向けEVに対する想いを長年に渡って語ってきた。しかし、3万5000ドル版のリリースは、テスラの財務状況に致命的なダメージを与えかねない。マスクはこの数週間、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング