米大学で学ぶ留学生、マイナス傾向に 目立つインド人の減少

Forbes JAPAN / 2018年6月14日 7時0分

米国の大学に在籍する留学生の数は2017年、前年比で4%減少していたことが分かった。主な原因の一つは、コンピュータサイエンスや計算機工学などを学ぶインド人学生が減ったことだ。米シンクタンク、NationalFoundationforAmericanPolicy(NFAP)が米国土安全保障省のデータを基に行った調査によれば、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング