米スタバが店舗閉鎖を加速、「ポスト・シュルツ」時代へ

Forbes JAPAN / 2018年6月21日 17時0分

成長速度の鈍化と株主を満足させられない最近の業績を受け、コーヒーチェーン大手の米スターバックスは2019年度中に150店舗を閉鎖する計画だ。同社のケビン・ジョンソン最高経営責任者(CEO)が6月19日、明らかにした。店舗が集中する地域を中心に、これまで年間50店舗だった閉鎖のペースを大幅に加速させるのは、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング