写真

アップルウォッチの次期モデル「シリーズ4」では、物理的に押せるサイドボタンやデジタルクラウンが廃止される可能性がある。新型アップルウォッチに関しては、筐体のサイズは同じだが、画面は15%大型化されるなどの噂も浮上している。ニュースサイト「FastCompany」のMarkSullivan記者が関係筋から得た情報によると、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング