写真

2019年は電気自動車(EV)、特にEVメーカーのテスラにとって、極めて重要な年となるだろう。そして、米調査会社J.D.パワーはEVとテスラのどちらについても、明るい見通しを持っている。同社が双方を楽観視するのは、EVの販売台数が急増しているためだ。だが、前向きな予測をする理由は他にもある。単独インタビューに応じた同社マーケティング・インテリジェンス・グループのデービッド・パリスは、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング