写真

世界経済の今後を占ううえで、国際社会が注視している米中の貿易戦争。追加関税による「報復」を武器に、中国に圧力をかけるトランプ政権だが、東アジア域内のお膝元のひとつ、同盟国フィリピンにある旧米海軍スービック基地が中国資本の手に陥る恐れが出てきた。1月8日、フィリピン・サンバレス州スービック湾にある造船所を運営してきた韓国の中堅造船会社の現地法人が、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング