写真

米ナスダック市場に上場している日産自動車の米国預託証券(ADR)の価格は、昨年11月19日のカルロス・ゴーン会長(当時)の逮捕以来、荒い値動きが続いている。日産は2月12日、2018年第3四半期(10~12月)の決算を発表。有価証券報告書に記載されていなかったゴーン被告の報酬、約8400万ドル(約92億8600万円)を費用として計上した。いわゆる「ゴーン問題」は、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング